記事一覧

Freddie Mercury

Freddieに関して2度目のBlogです。
音楽と旅というタイトルのBlogですが、Queenに、Freddie Mercuryに出会わなければ、
イギリスという国への憧れはなかったと思います。
無骨なロックやプログレのような音から、華やかなロック・スターの登場に、多くの人が衝撃を受けたはず。
70年代後半、日本のアイドルしか興味がなかった私の目にも、耳にも、生まれてこのかた、こんなに
夢中になり、音楽だけでなく、Queenの4人の歴史に少しでも近づきたい思いで、
初のロンドン旅行をしたのが、79年でした。
ジョン・ディーコンが通っていたキングス•カレッッジの寮に泊まり、サマースクールに参加。
今はもうなくなってしまっているけれど、Queenのメンバーがたむろしていた
ハイ・ストリート・ケンジントンにあるケンジントン・マーケットに行ったり、
ブライアン・メイの大学インペリアル・カレッジに足を踏み入れてみたり、Queen漬けの1ヶ月を送りました。
1組のバンドの存在が、これほど一人の少女の行動を変えてしまうというのは、本当にすごいことだなと
今振り返ると感じています。
ライヴの最後となってしまった「Kind Of Magic」ツアーのステージを、ウエンブリースタジアムで見ましたが、
Queenが2日間で15万人を集めた大きなショウを開催したことは、彼らが世界中の音楽ファンを魅了するまでの
バンドに成長したことを実感し、終わった後のAfter partyでのセレブでいっぱいの会場で、目をキョロキョロさせながら
参加しましたが、ライヴだけでなく、音楽だけでなく、国を象徴するまでのバンドになっていることに
凄さを感じました。
91年25年前、フレディな亡くなりました。最後に会ったのは88年でした。
エイズとわかっていながら、公表せずに、オペラ・アルバムを作り、意気揚々としていた表情を思い出します。
45歳の若さで亡くなってフレディですが、彼の歌声はいつでもファンのもとにあります。
いつでも彼はその天才と呼ばれた歌を聴かせてくれます。
音楽は消滅しないのだとあらためて感じた今日の日でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今泉圭姫子

Author:今泉圭姫子
ラジオDJ、音楽評論家、音楽プロデューサーとして、洋楽を紹介してきた。
また洋楽だけでなく、K−Pop紹介歴も17年になる。

最新コメント

カテゴリ